治療器具

子供は表側矯正を行うことが多いです

歯並びが良くないと、噛み合わせが悪くなるので、左右の顔の大きさが変わることもあります。出っ歯や受け口などは、見た目も良くないので、コンプレックスを感じている人がほとんどです。東京の歯科医院は矯正歯科の診療を行っているので、まずは電話やメールで予約を入れておきましょう。希望の日時に診察や検査をしてくれるので、まずは医師に相談することが大事です。子供の場合は、まだ顎が発達しておらず、歯が動きやすいので治療期間を短くすることが可能です。東京の歯科医院では、子供の場合はワイヤーや留め具を装着させる、表側矯正を勧めることが多いです。ワイヤーや留め具を調節してくれるので、なるべく痛みや違和感を覚えないように仕上げてくれます。矯正装置は自分では、取り外すことが出来ないため、少しずつ正しい位置に歯が戻ってきます。歯列矯正の治療を受けることで、顎の発達を促す効果もあります。小さいうちから歯列矯正を受けることで、顔立ちを整えることも可能です。虫歯を防ぐために、自宅でのお手入れの方法を指導してくれます。経験豊富な歯医者が在籍をしているので、歯の形状に応じた治療法を提案してくれます。歯並びが整うことで、コンプレックスから解消されます。

目立ちにくい歯列矯正が受けられます

かつての日本では、八重歯は可愛いと言われていましたが、口を開きにくかったり、歯並びが悪いので虫歯や歯周病に罹りやすいです。現代は早い段階から八重歯の治療を勧めている歯科医院が増えています。中学生や高校生ぐらいになると、お洒落に関心が高くなるので、歯並びの悪さが気になってくる人がほとんどです。中学生や高校生、20歳以上の大人の場合でも、東京の歯科医院で歯列矯正を受けることが出来ます。20歳以上の大人の場合は、通勤やアルバイトをしている人が多く、目立ちにくい歯列矯正を希望している人が増えています。矯正歯科の治療では、裏側矯正や透明なマウスピースを使った目立ちにくい治療も行っています。歯並びの状態によっては、マウスピース矯正が可能です。マウスピース矯正のメリットは、自分で取り外しが出来ますし、ワイヤーや留め具とは違って、違和感や痛みを覚えにくいなどの利点があります。虫歯や口内炎を予防したい人にもお勧めです。東京の歯科医院は、矯正歯科の専門医が担当するので、美しい仕上がりを心掛けています。カウンセリングの時に費用の相談もできるので、安心して通院が出来ます。

広告募集中